天体六分儀観測機 The Celestial Sextant | REVERIE EMPORIUM

1/4

天体六分儀観測機 The Celestial Sextant

¥22,000 tax included

the last one

Shipping fee is not included. More information.

真鍮製。レプリカではありません。未使用品。想いを馳せまくってください。
Brass, no imitation no secondhand,

サイズ 縦130mm 横130mm 高さ80mm 
外箱 縦160mm 横140mm 長さ80mm
Size: L 5.11inch W 5.11inch H 3.14inch
Box L 6.3inch W 5.5inch H 3.14inch


wikiから

六分儀(ろくぶんぎ)は、2つの視認可能な物体間の角度で表した距離を測定するために用いられる道具であり、反射計器の一種である。
六分儀の主な用途は、天測航法のために天体と地平線との間の角度を測定することである。この角度(高度)の推定は、対象に照準を合わせること、照準の捕捉と呼ばれる。角度と測定した時刻から、海図上の位置線を計算できる。
例えば、緯度を推定するには、南中時の太陽や北極星(北半球の場合)の高度を測る。高さがわかっている物標の見た目の角度を計測することでその物標までの距離を測ることができ、六分儀を水平に保持することで対象の2点間の角度を計測でき、ここから海図上の位置を推定することができる。
また、月と天体 (例えば恒星や惑星) との間の角距離を測定することでグリニッジ標準時による時刻を計測でき、これにより経度が決定できる。

航海用六分儀は、1731年頃にジョン・ハドリーとトーマス・ゴッドフリーによって最初に実装された。
アイザック・ニュートンが未発表の書簡の中で六分儀の原理に触れていることが後に発見されている。

From Wikipedia: What is a sextant?
“A sextant is a doubly reflecting navigation instrument that measures the angular distance between two visible objects. The primary use of a sextant is to measure the angle between an astronomical object and the horizon for the purposes of celestial navigation. “

Add to Like via app
  • Reviews

    (72)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥22,000 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品